7月
17

 

ミャンマーの環境保全法の環境影響評価(EIA)手続の第83条によれば、SEZプロジェクトの実施に関する許可は、環境法令遵守証明書(ECC)を発行した後にのみ開発者に付与することができるとなっている。

 

ダウェーSEZEIAを必要とするプロジェクトに分類されています。

 

したがって、プロジェクトの建設は評価なしでの着工は違法。

 

しかし、商工大臣のU Than Myintは雨期明けの10月からタイ国境からダウェーまでの156kmの2車線道路をタイのローン資金で着工すると語った。

 

又彼は 初期建設はタイの建設会社イタリア ンタイ開発(ITD)によって行われると付け加えた。

 

イタリア ンタイ開発(ITD)の社長Premchai Karnasutaは今年タイ当局に逮捕された人物である。

 

この様なスキャンダルを持った会社に、何故テラワSEZ10倍ものプロジェクトを任せているのか不透明である。

 

ダウェーSEZ2008年に開発権をタイの開発会社イタリアンタイ社に付与したが資金が集まらずに頓挫して開発権を取り上げられた。

 

この様な業者がなぜ故にまた参入したのか、不透明の部分が多すぎて資金提供者も躊躇する。

 

イタリア ンタイ開発(ITD)は技術力も資金力もない会社であることは確かだ。

 

タイの国家人権委員会は、ダウェーSEZプロジェクトにおける人権侵害への懸念を表明している。

 

*この記事はミャンマータイムスの記事を要約したものです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
16

 

ミャンマーに移住して12年になる、それ以前から往来は有ったのでミャンマーに関わって16年以上になる。

 

日本に帰国し友人たちに会うと、どうしてミャンマーで暮らすのかとの質問攻めに会う。

 

評価は物好き・変わり者・いい女が出来た等々。

 

他人が何を言おうが全く関知しない小生、「他人は他人の生き方が有り、自分には自分の生き方が」を地で行く。

 

しかし、小生の評価は全く外れている。まぁ~、物好きだけは合っているかも。

 

ミャンマー生活の良い点は

 

・気ままな生活をしているのでストレスが少ない

・ミャンマーの人々から多少でも頼られている事で少の責任感が良い

・高齢になっても社会活動が簡単にできる

・秘書の家族と一緒なので、疑似家族的生活ができる、特に8歳の子供は孫の様に可愛い。

 

不便な点

・特殊な日本食材が手に入りにくい

・雨期が長い

 

多くの人が病気になった時の事を危惧している様だが、小生はあまり気にしない事にしている、

 

病気になったときはその時の最善の策を取ればよい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

7月
15

 

大東亜戦争で旧ビルマ内で戦った日本軍と英国軍、ともに多数の犠牲者を出し、

 

慰霊の為戦没者墓地をミャンマー内に作っている。

 

しかし、その規模等を見ると戦勝国と敗戦国の違いがハッキリと分る。

 

ヤンゴンとモン州の戦没者墓地を写真で比べると明らかだ。

 

これは国の対応の違いが有るのではと思う。

 

遺骨収集に対しても進捗が遅いのを見れば日本国の対応が英霊に対して畏敬の念が薄い事ではなかろうか。

 

私は大東亜戦争は今のアジアが欧米の植民地から独立のきっかけを作った戦いだと思っている。

 

そして300万人の犠牲者が今の日本繁栄の礎になっていると思っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

7月
14

 

タイ、中国と国境線が長いミャンマー、国境貿易は昔から盛んだ。

 

正規の貿易なら良いのだが、密貿易が横行してミャンマー経済に打撃を与えている。

 

輸出ではヒスイやルビー&高級木材がタイや中国に密輸出され、チークやヒスイは原産地国で正規に買うよりタイや中国で買う方が安い事も有る。

 

輸入では雑貨・酒類・自動車・自動車部品等々が膨大な量で流入していて、正規輸入業者のビジネスを阻害している。

 

政府は密輸通報者や検挙者に高額の報奨金を出しているが、今の所成果は上がっていない様で、

 

先日ミスエイ副大統領は民間セクター開発委員会で特別捜査部隊を編成し、いくつかの取引門で機動捜査部隊で検査を行うと発言。

 

機動捜査部隊はKachinShanKayinMon州、Tanintharyi地域で早速捜査を開始し、民間部門からの支援も要請すると述べた。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

原木では輸出出来ないのだが、国境に向かう車列

7月
13

 

西日本豪雨では200人超の犠牲者が出た日本。お見舞い申し上げます。

 

ミャンマーも西日本豪雨に劣らず毎日雨が降る。

 

雨期なら当然のことだが1週間近くお日様を見られないのは何となく寂しい。

 

自然災害は起こるのが当然であるが、人間ともすると忘れやすい。

 

ミャンマーの様に毎年同じ時期に当然のように豪雨が有ると、それなりの対策が出来て人命にかかわるようなことは日本に比べ少ない。

 

ミャンマーは河川に堤防は皆無と言っても過言ではない、なので堤防決壊で一気に濁流に呑み込まれ被災することは無い。

 

徐々に水位が上がるので退避する時間は十分ある、また住民は小舟などを常備して道路が使用できずとも生活できるよう工夫している。

 

気象レーダーによるとベンガル湾に低気圧が発生してここ数日は天気が悪そうなので、お日様は当分見れないだろうな。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
12

 

ジョイント・ビル委員会の声明によると、総額91億米ドルを超える対外債務が有り、その約半分が中国からの借入。

 

国別内訳は

 

中国   4,257億円

日本   2,343億円

IDA    1,008億円

ドイツ   762億円

ADB    575億円

フランス  510億円

 

1988年以前の借入が約半分(4697億円)

 

借入条件は、期間20~40年、金利0.01%~1.5

 

しかし、このデータは間違いではなかろうか。

 

日本は2012年~2017年度までに1兆1298億円を貸し付けている。

 

この様な間違ったデーターを公表するのは意図があっての事なのだろうか。

 

いずれにしても、膨大な債務を抱えてどの様に返済するのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
11

ヤンゴン総合病院副院長のKhin Maung Gyi博士は、病院の敷地内に住む不法占拠者に対して病院だけで対処するのが困難なので、

 

地方自治体と保健省と協力して犯罪者として不法占拠者を取り除くと述べた。

 

不法占拠者は騒音で患者の安静を妨げたり、救急車の進入を困難にしたり、病院運営と患者に多大な迷惑を掛けている。

 

過去に何度も退去命令を出したが、すぐの戻ってきてしまうとDr. Khin Maung Gyiは語った。

 

 

日本人的に考えると警備員はいったい何をしているのだろうか、職務怠慢!!

 

それとも、例によって袖の下で暗黙の了解?

 

いずれにしても病院内が無秩序な状態で置かれているのは早急に改革しなければならない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

病院内の不法出店

7月
10

外食が嫌い

ヤンゴンの巷には日本食レストランがあふれている。

 

しかし、自分は食事を摂るためだけでは日本食レストランには殆ど行ったことが無く、行くのはお客様がどうしても行きたい時だけご案内する程度。

 

家では毎日日本食なので、仕事で外に出たときは中華とかミャンマー料理。

 

そもそも食堂やレストランで食事をするのは好まないで、弁当を買っても家で食べたい変な性格です。

 

食通ではない小生何処で食べても味は皆同じに感じ、お腹が空いている時に食べた料理が一番おいしい。

 

小生の様な性格はレストラン経営者には天敵かも知れない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

7月
09

 

ヤンゴンの環状道路の47.5キロ高架道路には、53の国内外の企業/コンソーシアムが関心を示していると74日に建設省が発表した。

 

518日、ミャンマー建設省は、ヤンゴンの官民パートナーシップ(PPP)による4車線環状高速道路の建設のために、地元と外国の投資家に関心表明(EOI)を提出するよう求めた。

 

同省は、ヤンゴン地方政府と共同で、ヤンゴン、ヤンゴン港、ヤンゴン国際空港、ミンガラード工業団地、ヤンゴンマンダレー高速道路に接続する予定の47.5キロメートル4車線の高架環状道路を建設する計画だ。

 

国内企業17社、外国企業53社がEOIを提出。

 

国内企業は Capital DevelopmentMax MyanmarMTSHShwe Taungなどを含む17の地方企業がEOIを提出している。

 

チャイナハーバーエンジニアリングカンパニー、チャイナロードインターナショナルグループ、チャイナロードアンドブリッジカンパニーなど13日本企業JFEエンジニアリング株式会社、丸紅、双日、住友商事など7社、韓国企業は大宇建設、韓国高速道路、SKエンジニアリング3社、EOIを提出した。

 

他にインド企業3社、タイ企業2社、トルコ企業2社、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ベトナム、フランス、 ミャンマー・マレーシアのコンソーシアムなどがある。

 

同省は8月に資格申請書を発行する計画で、今年の四半期に提案要請書の出す予定。

 

このプロジェクトは国際金融公社(IFC)の支援を受ける予定だが、完成を早めるため、分割発注も有り得るとしている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ヤンゴン内環状高速道路