10月
17

ミャンマー国内には沢山の戦没者墓地が有る。

 

日本人墓地は2~3か所を除き荒れているところが多いが、

 

イギリス人墓地は敷地も広くよく整備されている。

 

日本人墓地の多くは戦後、帰還兵や遺族会が中心になり建立した。

 

しかし、帰還兵も遺族も高齢になり訪緬する機会も少なくなり、現地の方に任せていた維持管理も疎かになり墓は荒れてゆく。

 

特に地方にある墓地は荒れ方が酷い。

 

これ等、地方の墓地はある程度まとめて国が管理する義務が有るのではなかろうか、

 

でなければ英霊が安心して眠ることは出来ないだろう。

 

一方イギリスの墓地はよく整備されている(整備されている所しか見ていないかも知れないが)

 

敷地が広いのは終戦後の植民地時代に作ったからではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ヤンゴンの日本人墓地

 

ベイの日本人墓地

 

イギリスの墓地

10月
16

この言葉は子供の頃、土木請負業を営んでいた祖父からよく聞かされた。

 

三つ子の魂100までで、今でも1円でも大切にする小生です。

 

ミャンマーで20ks、50ksを大切にするとカシーネ(ケチ)と思われることもしばしば。

 

ミャンマーで見ていると貧しい人ほど、20ks、50ks、100ks札を粗雑にに扱う。

 

貨幣価値からすると20円、50円なのにと思う。

 

確かに20ks、50ksで買えるものは殆どないが、1000ksの物でも50ks足りなくては買えない。

 

『足りないと買えない』、この感覚・計算がミャンマー人には少ない気がしてならない。

 

7歳の百合ちゃんでも50ks札は何も買えないと言って受け取らない。

 

この習慣が良くないので、これを変えさせなければならないが、どの様に指導したらいいのか・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

10月
15

上ミャンマーではコンニャク芋が自生していし、栽培もしている。

 

それもかなり大きく1kg以上の芋も有る。

 

日本のコンニャクとは種類が違うらしく、マンナンの含有量は少ないらしいが、

 

7~8年前から日本にも輸出している。

 

先日の連休でカヤー州に行った秘書がコンニャクを買ってきたが、

 

例のコンニャクは美味しくない思い手を付けなかったが、煮もの中に入っていたコンニャクは歯ごたえが有り非常においしかった。

 

これはと思い、コンニャクのピリ辛炒めとコンニャクの味噌おでんを作ってみた。

 

ピリ辛炒めはごぼうが有ると良かったのだが・・・

 

このコンニャクなら色々なものが作れそうです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
14

ミャンマーの3大食材は

 

米、玉ねぎ、食用油

 

米は政府の監視が強いのでべらぼうな高騰は無いが、それでもじわじわと値上がりしている。

 

しかし生産者価格はそれ程値上がりしていない。

 

玉ねぎは2年に2~3回程度は暴騰して130円/kgとなる。平時は45円/kg。

 

食用油は290円/kgと他の食品に比べると国産にもかかわらず割高だ。

 

日本でも特売時には298円/kgで売っている。

 

食用油の高いのは業者がカルテルを結んでいるのではと小生は疑っている。

 

2006年当時から物価を調べている小生、

 

食用油の1回の値上げは1.6kgで10円とか15円で消費者が余り気付かないような値上げで、かつどのメーカーもほとんど同時だ。

 

ミャンマーの業界としては統制が取れていると感心している。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
13

タクシーの値段交渉で通常5000ksなのに8000ksとか10000ksを提示するタクシーは瞬間交渉決裂。

 

運転手が何を言おうが受け付けない。

 

この様な事例は日常生活の中でも頻繁に起こる。

 

田舎で10㎡(3坪)の土地を借り簡単な監視小屋を作った。

 

小屋を作る前にいくら払えばよいか聞いたが、心づけで良いとの返事。

 

だが、小屋が出来た途端1月10万ksだと言い出す。

 

その日のうちに小屋を撤去した。

 

月1万ksなら支払いしたのに、欲張りしたのでゼロになってしまう。

 

外国人と見るとその様な態度に出るかと思いきやミャンマー人同士でも類似した話は多いようです。

 

『人間、真面目に正直にそして努力すれば誰でも報われる』

 

テインセィン前大統領がネピードのセーダントレーニングセンターで学生たちに言った言葉です。

 

テインセィン氏だから言える言葉ではなかろうか。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

テインセィン前大統領

 

 

10月
12

タディンジュ満月の5日間の連休、ミャンマー人は帰省する人や観光の人たちで高速バスは切符が取れないくらい混雑した。

 

特に観光地巡りのバスは好評だったようで、多くのミャンマー人が観光地を訪れた。

 

田舎の人はシュエダゴンパゴダとチイティーヨパゴダは必見の場所。

 

一方ヤンゴンの人たちはバガンやインレー湖方面のシャン州が多い様だ。

 

生活に少し余裕ができたのか、また職場の団体旅行も旺盛になっている、

 

それとも観光業者の努力なのか、いずれにしても観光産業が発展することは良い事だ。

 

10年前までは国内移動も大変で、方々にチックポイントが有り大きな橋は夜間通行止めで早朝のオープンまで3~4時間待つのは当たり前だった事を思えば隔世の感が有る。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

カックーのパゴダ群

10月
11

国家最低賃金委員会は、ミャンマーの新しい最低賃金は4,0004,800k/日に落ち着けるべきだと仮提案した

 

検討を重ね12月までには最低賃金を決定する予定だ。

 

20133月には最低賃金法が制定され、その年7月にはそれぞれの法律が制定された。新しい賃金 は3,600ks/日と同年91日施行された。

 

例えば最低賃金が4500ksに決定すれば112500ks/月となる。

 

ヤンゴン地域ではこの給料で募集しても人は集まらない、

 

11万ksの給与では食べて行けないのが大きな理由だろう。

 

地方に行けばこの金額で十分な地域も有る。

 

最低賃金大都市、中都市、地方の3段階ぐらいにした方が良いかもしれない。

 

そうすればヤンゴンの給与は上がるだろう。

 

地方の給与が安ければ労働集約産業は地方に行き雇用均等が図れる利点が有る。

 

国家最低賃金委員会は賃金だけの狭義に縛られることなく、ミャンマー全体の産業構造をどうするか大局的に俯瞰して決定してほしい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
10

70歳を過ぎると体の部品が方々傷んでくる。

 

眼や歯はある程度部品交換が可能だが、他の部品は簡単交換する訳にもゆかないし、交換してもきりがないだろう。

 

しかるに、アナグロ機械の様にだましだまし使っている今日この頃の小生。

 

肩こりや腰の痛いのは日常的に発生する。

 

肩こりや腰痛の場合は近くのマッサージおばさんを頼んで体の手入れをする。

 

マッサージ屋に行くとどうしても同じパターンでどうでもよい所に時間をかけ、肝心な所は簡単に済ます場合が多い。

 

腰、背中、肩は90分の内20分もない位だが、本来はその部分を重点的に施術してほしいのだが・・・

 

マッサージおばさんならば、ハイここ、つぎはここ、といえば応じてくれるので有り難いし、

 

ツボを心得ているので気持ちがいいが、ときたま大きな体格にものをいわせ力いっぱい押すと体が悲鳴を上げるのはお愛嬌。

 

出張費込み1時間半で7000ks(560円)はお手頃価格。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
09

納税意識の薄いミャンマーで比較的納税していると思えるのが5%の飲食税。

 

最初の頃は殆どの店が客から税金をとっても納税スタンプを貼らなかった。

 

ところが、罰則強化と報奨金制度が出来てから徐々にスタンプを貼る店が増えてきた。

 

因みに摘発第1号はロッテリア。

 

小生一人では殆ど外食しないのでお客様が来た時だけ外食となるので月45回。

 

それでも5軒に1軒は納税スタンプ無し、サービス料は10%~15%と書いてあるが、

 

税金は記載されていない、つまり税金は取りませんと言う事なのだろうか。

 

しかし、これは法律違反。

 

外国人の支払いだと領収書を税務署に持って行かれることが無いと安心しているのだろうか。

 

残念ながら、日本人経営のレストランでもスタンプが添付されていない店もある。

 

経営の苦しいのは分かるが客から取った税金はスタンプを買ってしっかり納税すべきでしょう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!