Home » ミャンマー » ミャンマーのアンダーテーブル
7月
18

ミャンマーでは、賄賂と公務員給料とインフレ、この3つは切っても切れない関係にある。
まず基礎データーから、ks(チャット)の公定レートは1US$が6ks、
実勢レートは1US$が1250ks程度、1円は10kS程度です
公務員の給与は40,000ks~100,000ks(ただしこの金額は昨年値上げした金額で以前はこの1/7程度だった)、最近の物価は米500ks/kg、小麦粉600 ks/kg、肉4000 ks/kg、
タマネギ550 ks/kg、食用油1600 ks/kg、卵100ks/個
上記の物価で40,000~100,000ksの給料では4人家族でまともな食事は取れないことになりますし、まして教育や娯楽等に回るお金などは無いのです。そこで考え出されたのがアンダーテーブル(オンザテーブルではないかと思うのですが)です。公務員は給料の足りない分は本来無料のはずの公共サービスにお金を取ったり、アンダーテーブルの見返りに取るべき税金を少なくしたり、公共財産を安く払い下げたりして、その金をグループでプールして給料の不足分(?)として皆で分けるそうです。中には上の人間が2~3人で分けてしまう事もあるそうです。
本来政府の収入になるべき税金等が公務員の闇給与に消えてしまい、政府は常に財政難あえいでいる=インフレを助長する。インフレ率が上がればアンダーテーブルも上がる。
アンダーテーブルが上れば税収はますます下がる。お分かりいただけたでしょうか。
現地人はアンダーテーブルでも交渉してガッチリ値切っている。日本では賄賂を値切る人はいるのだろうか?経験のある元高級官僚の方教えて!!

Add reply