Home » ミャンマー » 食糧増産計画が進むミャンマー
5月
13

ミャンマー政府は現在7箇所で大規模な灌漑施設の建設を進めている。
7箇所で整備される耕地は16000エーカー(6400ha)となる。
ここで生産される穀物は20000トンの予定。
ザガイン管区のタンジー町ではこの計画際最大規模で10000エーカーの規模。
1部完成した箇所もあるが建設工事はこれから最盛期に入る。
そのほかに小規模なため池を作り灌漑用水とする工事は方々で行われてる。

Add reply