Home » 未分類 » 民営化されたヤンゴンのガソリンスタンド
6月
20

以前ご紹介したガソリンスタンドの民間への売却は終了したらしく。

最近スタンドマンが派手な制服を着たスタンドが増えた。

これを機会にガソリンの配給制度も撤廃されたらしく(詳しい報道がない)

どこのスタンドでもいくらでも給油できると運転手は喜んでいる。

ガソリンの配給制の廃止にはミャンマー政府の経済運営に対する大きな自信がうかがえる

ガソリン輸入の外貨の心配がなくなったのは、

輸出が好調で外貨準備高がかなり増えていると思われ

特にこの1~2年は天然ガスの生産が好調のようで、

ヤンゴンまでのパイプラインも完成して

発電所用燃料の輸入も抑制できるはず。

また、中国、タイ、韓国、の直接投資も増えてきていて、
(日本の直接投資はゼロに近い)

現政権は経済運営に自信を持ってきている。

Add reply