Archive

Archive for 6月 12th, 2012

6月
12

ミャンマーの民主化に伴い治安が悪くなったと感じるのは小生だけだろうか。

2年前までは殺人事件などは稀にしかなかった、新聞に報道されなかっただけだとの声もあるが、殺人事件ともなれば噂で直ぐ分かる。

民主化に伴い、警察や軍が人権を意識して国民への圧迫感を緩めているのは確かだ。

民主主義とは自由で何をしても良いと勘違いしているミャンマー人も居る。

最近はラカイン州で起こっているような、宗教間、民族間の争いも頭を持ち上げてきた。

軍政時代仏教徒は比較的優遇されていたが、他の宗教は白眼視されていたので,統制が緩んだとたんに過去の鬱憤を晴らすような騒動が起こる。

このような宗教間、民族間の争いが長引けば軍主導派の出番を作り、改革派にブレーキをかけ改革が停滞したり、後戻りすることを懸念する。

ラカイン州の騒動に、ティンセン大統領は国防大臣を現地に派遣して沈静化に乗り出し、ティンセイン大統領自身も10日テレビで演説し、事態収拾のため、すべての国民に政府と協調してほしいと訴えた、早期の解決が現政権の正念場になるだろう。