Home » ミャンマー » 商業税印紙を領収書に貼らず ロッテリアに罰金
5月
22

 

小生が以前から指摘していた、飲食店の商業税のネコババ問題

最近も有名なレストランで5万ks近い飲食をして、領収書には税金分として記載され合計金額に合算されていたのに印紙が無いので印紙を貼ってくれと要求したら、今忙しいからダメとの返事だった。

 

忙しいは理由にならないから貼って下さいと領収書を返したが、結局10分待っても領収書は来なかった。

印紙無貼でミャンマー初の罰金処罰を受けたロッテリア、反省の気持ちは全くなく無く、印紙無貼は従業員の不注意と責任転嫁

 

マネジャーの言い訳が、

 

小さな店のファーストフード店に課税は国際的ではないと居直った態度。

 

さすがやることが韓国的だ。

 

ここでもお客から受け取った商業税をネコババしていたことに成る。

 

 

日本人飲食店経営者の皆さん、印紙無貼で新聞に載る様な恥ずかしいことが無い様にしてください。

 

印紙無貼の領収書は税務署に届け出る様にしましょう。

 

そうすれば国家の歳入も増えインフラ整備も進むと思うのだが。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

DSC04115

3 Responses to “商業税印紙を領収書に貼らず ロッテリアに罰金”

  1. ふっちー
    5月 22nd, 2015 at 19:23 | #1

    エイトマンさん、こんにちわ。
    この税金ですが、ヤンゴンだけではないでしょうか?
    GW、マンダレーで2泊しましたけど、どのレストランもシールは無く、マンダレーヒル麓の高級ホテルのレストランで、知人に聞いて貰ったら、うちはやっていません、みたいな回答でした。
    もしヤンゴンだけで実施しているのであれば、税の不公平感があっても仕方ないですね。

    • 5月 23rd, 2015 at 09:15 | #2

      良く調べていませんが、全国統一だと思います。
      政府の指導も悪く徹底していないく、始めの頃は印紙が不足していて買えないなんて事も有りました。

  2. milanda
    12月 6th, 2017 at 23:19 | #3

     同じイギリスの植民地だった、マレーシア シンガポール UAE に比べて、行政も末端の公務員も中国以下なんですな。で、カネへの執着と誤魔化しや汚職はベトナム並。 50年近く軍事政権下で、半分経済鎖国していたので周回遅れ状態なんですかね〰〰。

Add reply