Archive

Archive for 7月 12th, 2016

7月
12

 

日本の敗戦により統治国がアメリカに代わったパラオ。ドイツや日本とは異なり、島民に指図をせず「自由」を与えた。しかし、多くのパラオの人々にとって「自由」とは聞いたことのない言葉だったため、混乱が生じてしまう。

 

島民は初めて自由って何なのかアメリカ人から学びました。その自由とは、何でもしたい放題、好き勝手にやっても良いことだと受け止められた」

 

当初、「自由」を謳歌していたのだが、島民たちは「自由が間違って理解された」ことを悔いている。

 

酋長の言うことも聞かれなくなり、秩序が壊れてしまった。

 

結婚しなくても平気で子どもを産む。

 

年寄の言うことなんか聞かない。

 

学校で乱暴しても喧嘩しても、先生は殴らない。

 

今の子どもたちを叱ると『今と昔は違う』と言われる。

 

引用終わり

ミャンマーの国民の多くが『民主主義=自由=何でもできる』と解釈している様で、規律(法)の範囲で自由であり、義務有る事を忘れている(知らない)。

 

アウンサンスーチー女史は『法に依る支配の国にする』と選挙前は呼びかけていたが、政権を取ってからはその言葉はほとんど聞かない。

 

似非自由は国家を混乱させ国力を低下せるだけで国民の為にはならない。

 

パラオの様にならなければいいのだが・・・

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!