Home » ミャンマー » 1000億円の円借款でも興味が薄いのか ミャンマー
8月
27

 

25日和泉首相補佐官は安倍首相のミャンマーに対する円借款についての方針を伝えるためアウンサンスーチー外相と会談した。

 

借款の内容は)最大都市ヤンゴンと第2の都市の北部マンダレーを結ぶ鉄道の改修(2)ヤンゴン市内の浄水場の整備(3)地方の道路整備などの貧困削減対策――など5つで合計1000億円。

 

9月6~8日にラオスで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議と東アジア首脳会議の期間中に、安倍晋三首相が表明する方針。

 

 

26日の国営新聞には和泉首相補佐官とアウンサンスーチー外相が会談したことは2面に写真入りで掲載されたが、会談の内容は交通対策、飲料水対策、道路整備などを日本が協力するなどの簡単な文書で、1000億の借款については発表されない。

 

当然国会の決議は必要なので発表出来ないとも理解できるが、前政権は国会承認前でも事前に発表していた。

 

日本では発表されているので機密でもないのだが、中国に気を使っているのかと勘繰りたくなる。

 

ミャンマーの全方位外交方針は時として相手国の信頼を裏切る。

 

日本のお人よし外交は二股三股外交を得意とするアウンサンスーチー外相には通用しない事を肝に命じてほしい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

和泉補佐官とアウンサンスーチー外相会談

和泉補佐官とアウンサンスーチー外相会談

3 Responses to “1000億円の円借款でも興味が薄いのか ミャンマー”

  1. suzuki mitsuru
    8月 27th, 2016 at 11:59 | #1

    内容的には同意できるが、二股外交との表現はしない方がそれこそ日本人の
    品格にかけますよ!

  2. ふっちー
    8月 27th, 2016 at 19:08 | #2

    31日から、少数民族武装勢力との平和会議が開催されるこの時期に、日本政府はそれとは全く無関係な援助を表明するとは、日本の外交、どこかずれてませんかね?

    ミャンマー側からしてみれば、あっそっと言うか、素っ気ない対応にならざるを得ないでしょうし、スーチーさんとしては、これらの少数民族武装勢力に大きな影響を与えている中国側に、、顔を向けざるを得ないでしょう。

    ただ、平和会議、中国と密接な関係をもっていた軍事政権時代でも完全解決に至らず今に続いている問題ですから、新政権となったからと言って、すぐに解決するとは思えませんけど、少しでも進展して欲しいものです。

    • 8月 27th, 2016 at 20:59 | #3

      少数民族武装勢力との和平はアウンサンスーチー女史でも難しそうです。イデオロギーより利権がらみ&バックでサポートする国との駆け引きになりますね。

Add reply