Home » ミャンマー » ミャンマー政府に聞きたい、外国人に来てほしいのか、来ないでほしいのか
12月
06

 

12月3日の国営紙に『外国人に対する法律』なるものが掲載されていた。

 

1言で言えばかなり面倒なことになり、ビザ等の費用も信じられないくらい値上げした。

 

外国政府の行いにあれこれ言える立場ではないが、

 

この法改正はは何が目的なのか意味不明だ。

 

NLD政権は外資導入や観光客誘致に躍起になっているが、小生が見るに有効な手立ては見当たらないのが現状。

 

今回の法令は外資導入や観光客を抑制しようとしている方策にしか理解できない。

 

例えばマルチビザ1年が600ドル、登録された住居以外の地域に出るときは国内ビザが必要等々、国内移動に足枷をはめ軍事政権時代より面倒だ。

 

この法律を作るときには当然あらゆる面のケーススタディーを行った結果と思うが、素人には何がミャンマーの国益に資すのか皆目見当がつかない。

 

どんな深謀遠慮が有るのだろうか担当大臣に聞いてみたい。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

11 Responses to “ミャンマー政府に聞きたい、外国人に来てほしいのか、来ないでほしいのか”

  1. 山之内
    12月 6th, 2016 at 00:56 | #1

    有益な外国からの投資のみを選定するためだと聞いています。つまり単純労働に従事する外国人は必要がないということだそうです

    • 12月 6th, 2016 at 08:59 | #2

      なるほど~、確かに中国企業は単純労働者まで連れて来るから。

  2. 浅谷 隆志
    12月 6th, 2016 at 08:50 | #3

    子供の事で在ミャンマー日本国大使館に行ったら、そこのビルマ人職員がミャンマー政府が外国人に神経質なのはロヒンギャ問題があるからとポソっと言った事がある。
    それが関係しているのか???特に国内移動まで国内ビザという所が引っかかった。

    • 12月 6th, 2016 at 09:01 | #4

      ロヒンギャ問題ですか、それが国外移動監視なのですかね。

    • milanda
      12月 1st, 2017 at 15:42 | #5

      EUやOECD 加盟国じゃないんだから、
      ロヒンギャみたいな闖入者を差別的
      に排除する立法って、そんなに難し
      とは思えない。 ビルマ以上に腐っ
      た国なんか、中東にごろごろしてい
      るのにね。

  3. bobo
    12月 6th, 2016 at 09:41 | #6

    ということは、、日本食レストランに勤務する日本人や、不動産ブローカーなどは全滅ですね

    • 12月 6th, 2016 at 11:16 | #7

      何らかの高級(?)技術が必要なのでしょうね。板前さんは良いのかも。不動産ブローカーは???ですね。

  4. nori
    12月 9th, 2017 at 10:31 | #8

    そのための動きですよね。最近外国人を監視する委員会の動きも活発化しているようですし、近いうちになにかあるのかもしれませんね。特にビザ発給や滞在許可延長に対する規制がかかるともいわれています。
    エイトマンさんは何か聞いてますか?

    • 12月 9th, 2017 at 10:49 | #9

      ビザ更新を頼んでいるのですが発給が遅れて、現在はビザなし状態です。

  5. nori
    12月 9th, 2017 at 11:53 | #10

    @エイトマン
    ビジネスビザの延長は以前は関連省庁の推薦状?みたいなものが必要だったとおもいますが、現在は延長自体は簡単なのでしょうか

Add reply