Archive

Archive for 12月 17th, 2016

12月
17

 

 

ヤンゴン管区のピョーミンテイン首相はヤンゴン管区に第2のSEZを作る構想を連邦政府に提案し、連邦政府(アウンサンスーチー女史を含む閣僚)は開発への支援を約束した。

 

この構想はヤンゴンのダラ、コムゥ、クンジャンゴンの3群区でヤンゴンの南西部。

 

%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%83%b3%e5%9c%b0%e5%9b%b3-5

 

コムゥはアウンサンスーチー女史の選挙区、クンジャンゴンはティンチョー大統領の出身地。

 

深海港はクンジャンコン群区のラッココンに予定し、新空港も視野に入れた構想だそうです。

 

元々ダラとトンテイ群区には開発計画が有りこれにアウンサンスーチー女史の選挙区とティンチョー大統領の出身地を追加した感じでお手盛り構想の感が強い。

 

トンテイの開発がヤンゴン管区から認可されたとき(その後撤回)アウンサンスーチー女史は農民に土地を売ってはダメと諭していたのだが・・・

 

国の進める3つのSEZで稼働し始めたのは日本が力を入れたテラワだけで、テラワより先にSEZに指定されたダウエーは未だに方向が決まらない、チャウピュウは中国企業の開発することになったが足踏み状態だ。

 

大風呂敷を広げるのも夢が有って良いが、開発資金、開発者、誘致産業・企業等を検討したのだろうか。

 

国の発展の思うのであれば先の3つのSEZを優先し開発すべきだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,