Archive

Archive for 12月 25th, 2016

12月
25

 

 

停電の事はいつも話題になるが、ヤンゴンに住む人たちは水にも相応の苦労をしている。

 

ヤンゴン市内は公共水道が普及しているが、普及率は40%程度で60%は井戸水を使っている。

 

ヤンゴンの水道水は浄水場の老朽化と使用量の増加で断水も多く水質も悪い。

 

最近日本の支援で浄水場等の改良工事が行われているが水質が良くなったとは聞かない、むろん飲むことは出来ない。

 

集合住宅に住んでいた頃は停電と断水のタイミングが悪く屋上の高架水槽に3日間も水を上げる事が出来ず近所の子供にお小遣いを上げ運び上げてもらった事も有る。

 

井戸は場所により水質は大きく違い、FMI団地の一部では鉄分多いのか水が黄色くなる。

 

また川の近くでは塩分が含まれている所も有るが0.2~0.3%程度なので住民は知らずに使っている。

 

ヤンゴンの水はフィルターを通さない限り濁度が高いので白いシャツなど数回洗うと黄ばんでくる。

 

井戸水を安全に使おうと思えば、浄水装置を着け次亜塩素酸ソーダーなどで消毒をしなければならない。

 

水道管工事・器具の不良による水漏れ事故も日本では考えられない頻度で発生するのもヤンゴンの特徴。

 

昨日我が家ではトイレタンクの排水取手が壊れ水が流せなくなったので早速自分で部品を買い直した。

 

これでもヤンゴンは恵まれている、なぜかと言えば元になる原水が確保できるからだ。

 

中部乾燥地帯やエヤワディデルタでは原水になる水の確保に苦労している。

 

どちらの地域も180~240mの深井戸を掘らなければ生活水は確保できない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

井戸水を使うには高架水槽も必要

井戸水を使うには高架水槽も必要