Home » ミャンマー » ミャンマーの教育制度に実業高校を導入したらどうだろう
1月
02

 

 

ミャンマーの公立高校は全て日本で言う普通科の高校。

 

日本の工業・商業高校等の実業高校は無い。

 

中学卒業後に入学できる職業訓練校の様な学校は多少だが存在する。

 

今後のミャンマーの発展を考えれば実業高校は必要だと思うのだが。

 

特に地方の貧しい子供たちは大学に入学するには経済的ハードルが高すぎ勉学を断念するしかない。

 

実業高校であれば親の経済的負担も軽く卒業後も普通科高校より就職に有利。

 

 

ミャンマーはホワイトカラーとブルーカラーの意思疎通が悪く生産現場に支障をきたしている事例が多い。

 

ブルーカラーのトップとして、またホワイトカラーとの接点として実業高校卒業生に期待できる。

 

 

 

予算確保と先生の確保は困難が有るかと思うが教育省にはぜひ実現させていただきたい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

Add reply