Archive

Archive for 2月 8th, 2017

2月
08

 

マグウエー管区パコック県パウ町では畑から金では無いが

 

高価な玉ねぎの収穫で農民はホクホク顔。

 

エヤワディ河の中州で栽培された玉ねぎは今が収穫時期だが1V(1.6kg)1500~2000ksと例年の3~4倍の価格で農民は笑いが止まらない。

 

ミャンマーの3大食品は米、玉ねぎ、油(小生の見解)で玉ねぎの値上がりは消費者にとつては痛手、

 

ヤンゴンの小売価格は1V3000ksで例年の800~1000ksの3倍。

 

玉ねぎは3年に2回ぐらい異常な高騰をする、しかし3~4か月後には沈静する。

 

これは誰かが投機のため価格操作をしているとの話も聞くがどうなのだろうか。

 

今年の値上がりも不作で生産量が極端に少ないとのニュースは聞かない。

 

高騰の前触れは中国人が大量に玉ねぎを買いに来た、インド人が玉ねぎを探している等のニュースが流れる、すると1~2か月後に玉ねぎの価格が上がり始める。

 

ミャンマーの玉ねぎは小ぶりで直径は3~5cmですが甘みがあり美味しいが、

料理時には皮むき等に手間がかかるのが難点です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

玉ねぎの収穫