Archive

Archive for 2月 9th, 2017

2月
09

 

ミャンマーの不安定な国内情勢の問題が、再び浮き彫りになった。

 

国内情勢の不安は進出企業にとっても懸念点であるため、早期解決が望まれる。

 

発端は10日前のNLDの法律顧問コーニー弁護士の殺害であるが、

 

アウンサンスーチー女史はこの事件について10日間口を閉ざしている。

 

しかし、そういった対応の背景には、国内の過激派集団を煽らないようにする狙い

がある。

 

アウンサンスーチー女史は今後、経済発展のための積極的な外交政策の継続とともに、国内問題の解決に迫られる。  抜粋終わり

 

 

アウンサンスーチー女史は外交については得意の様で積極的外遊してミャンマー支援を要請しているが、度が過ぎて物乞い外交かと疑いたくなることもしばしばだ。

 

一方内政に関しては興味が薄いのか、解決する能力が無いのか定かではないが、

 

少数武装勢力との和平、ロヒンギャ問題、経済対策、どれを見ても解決の糸口は見えない。

 

どれも一朝一夕に解決する問題ではないが、問題解決の戦略が見えないのが残念。

 

国際世論を気にして右往左往しているが毅然として対処すべきだろう。

 

特に国際世論の人権問題に関しては一時黙殺してでも内政問題を解決すべきではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!