Home » ミャンマー » ミャンマー 期待できるニュース2題
3月
19

 

 

1・ミャンマー政府は4月にも、同国初となる液化天然ガス(LNG)受け入れ基地の建設プロジェクトの国際入札を開始する。ガスパイプラインや火力発電所も一体整備する計画

 

2・ミャンマー投資企業管理局(DICA)は、3月末までに新投資法の施行細則を発表する。         

この施行細則は33章から構成され、法人税の免除や減免などの詳細が盛り込まれている。

 

ミャンマーは天然ガスの産出国だが現在産出される多くのガスは中国やタイと長期販売契約が有り自国で使える量は少ないので、他国から液化天然ガスを輸入しようとの計画。

 

安い天然ガスを売って、高い液化天然ガスを買う、まことにつじつまの合わない話だが、軍政時代契約した売買契約を守ろうとすれば仕方がないのか。

 

小生が期待しているのは100万kw級のガス火力発電所の建設計画が盛り込まれている事、受け入れ基地からヤンゴンにパイプラインを敷設することの2点。

 

これにより電力不足が多いに改善されることを期待したい、ただ基地の稼働が20年以降となるのはチョット遅い気もするが・・・

 

ミャンマー新投資法は2016年10月に制定されたが施行細則の作成に手間取っていた。

 

当初は3か月で施行細則の発表となっていたが2ヶ月遅れとなった。

 

この中で注目されるのはミャンマー国内会社にも35%以内なら外国人が投資できることになっている。

 

これにより外国人もミャンマー国内会社の株の取得も可能になる、つまり証券取引にも外国人が参入出来るようになる。

 

また、名義借りをしていた中小の企業もリスクが軽減されることになる。

 

しかし細則でどの様な規制がかかっているかは不明なので楽観はできない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

Add reply