Home » ミャンマー » 意外なものが喜ばれるミャンマーの田舎
3月
11

 

 

地方に出かける回数が多い小生、

 

行くときには何がしかのお土産を持参する。

 

お土産を新聞紙に包んで持って行ったら、

 

土産を貰った人は新聞紙を丁寧に開けしわを伸ばした。

 

何するのと聞けば、

 

これを読むのだとの返事。

 

最近の若者は携帯で情報を受けているが、

 

我々年寄りは携帯をうまく使えず、やはり活字の方が良く分る。

 

しかし、ここの村には新聞が配達されないのでこの新聞は貴重品だとの事。

 

この村には当然電気もなく村内にはテレビが2~3台あるが、

 

バッテリーの電源なので1日2時間ぐらいの視聴が限度だそうだ。

 

次回訪れるときには新聞や週刊誌を沢山持ってくることを約束した。

 

ヤンゴンの繁栄ぶりを見ていると、

 

この村が50年以上取り残された状況で何とも悲しい思いがしました。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

Add reply