Home » ミャンマー » 驚異の人力クラッシャー
3月
16

 

 

ミャンマーの道路工事は道路わきに使用する石が全て揃ってから工事がスタートする。

 

以前からよく通っているエヤワディ管区アマー町までの道中には方々に30cmほどの石が路肩に積まれている。

 

この石はピィー近くの山から採取して船でエヤワディ河を下り現場付近の川岸に荷卸して、

 

そこからトラックで現場に配る。この積み下ろしは全て人力で行う。

 

大きさ30cmではそのまま道路工事に使えないので、10cm程度まで砕かなければならないが、

 

これをハンマーで一つ一つ砕く職人がいる。

 

1日4.2㎥(約8t)を1人で砕く。

 

100人いれば大型クラッシャーに相当する驚異のパワーだ。

 

これだけの重労働でその賃金は1日7500ksだ。

 

女性パワーがすごいミャンマーでもさすがこの作業に女性は見たことが無い。

 

人力破砕が良いのは、機械破砕よりロスが少ないこと、そして何より機械より安くできることだ。

 

一つの現場で多くの人が職を得ることがで途上国のミャンマーでは良い方法だと思います。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

砕石を割る作業員

 

割った砕石を敷き並べる女性作業員

 

Add reply