Home » ミャンマー » スーチーさん 心境の変化?
4月
03

 

 

人間仕事をしていいれば結果が全てだろう。

 

大統領、首相、社長、部長、平社員、自営、誰にも結果を求められる。

 

結果の出ないのは能力不足か怠慢、二つが重なれば最悪の事態になる。

 

 

ミャンマーの実質指導者アウンサンスーチー国家顧問はNLD政権発足1年を迎え

 

国民の期待に応えられていない事を表明した。

 

自分は最善の努力をしたが、「責任を取れる別の個人、組織があるなら退任の用意がある」と述べている。

 

最善の努力をしても結果の出ないのは能力不足が原因だと、本人が気付き、「退任」の言葉を出したのだろうか。

 

 

そうではなく

 

私は人気投票(選挙)では負けないので、誰も手出しできないでしょう、

 

だから私以外にこの国を纏めれれる人はいないと思い込み、「退任」なんか微塵も考えていない。

 

「責任を取れる別の個人、組織…」は軍を挑発している言葉にも受け取れる。

 

女史の持ち味である高慢さが出たのだろうか。

 

 

「国民の期待に応えられていない」この言葉、本当だとしても政治家としては発言してならない言葉だと思う。

 

いずれにしても、このままの体制で任期までNLD政権が続けば、後年失われた5年等のレッテルが張られそうだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

Add reply