Archive

Archive for 6月, 2017

6月
30

ヤンゴン地方政府は世銀からの借款12500万ドルの内1億ドルを使い市街の排水システムの改善に乗り出す。

 

既に10億ksを使い排水溝掃除や拡幅及び新設等を実施している。

 

排水溝の拡幅や新設をしても満潮時には排水先が無いので道路は冠水してしまう。

 

またゴミのポイ捨てを何とかしなければ、せっかく掃除した排水溝もまたゴミ詰まりだ。

 

抜本対策としては流出河川に水門を作り排水ポンプの設置や地下遊水地等の設備を構築しなければならないだろう。

 

『ヤンゴン政府は市内のバス停や歩道はすでに改善され、国際的基準に達している。しかし、排水路を建設しなければこれらの改善が無駄になる可能性もある。』と言っているがバス停や歩道は何処を改善したのだろうか?

 

今のバス停や歩道が国際水準に達したと本気で政府が本気で思っているのでは先が思いやられる。

 

世銀の借款110億円を無駄のないように使うためには、緻密な全市の排水計画が必要ではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

6月
29

ミャンマー中央銀行は国内輸出入業者は国内にある13の外国銀行に口座開設を許可の準備を進めている。

 

13行の中には勿論日本の3メガバンクも含まれている。

 

輸出入業者は決済がスムーズになり、低利の銀行融資が受けられ事業拡大にも期待がかかる。

 

まだ中央銀行総裁の承認が得られていないので開設許可が何時になるかは不明だが、

 

この様なニュースが出れば国内の銀行から政治家絵の圧力がかかり、

 

訳も分からない理由云々で総裁の承認の遅れる可能性はある。

 

 

輸出入の話題でもう一つ

 

外国企業が建設資材、肥料、種子、農薬、医療機器の5分野で、6月中旬より輸入販売できるようになった。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
28

ドラえもん、ハローキイティ、ガンダムからコンピューターのOSやアプリケーション等々

 

コピー物が氾濫するミャンマー。

 

ドラマ等は放映した翌日にはコピーされたCDが出回ると言う。

 

日本漫画のドラえもん、サザエさん、ピカチュウなどは中国語に吹き替えれれたCDがヤンゴンのCDショップで1400ks、31000ksで売られている。

 

先日百合ちゃんが一生懸命呼んでいる子供用漫画週刊誌にはミャンマー語で書かれたドラえもんが掲載されていた。

 

ミャンマー人の漫画家が書いたのか絵は細部がかなり違う、

 

特に背景は日本を全く知らない人が書いたような背景だ。

 

それでも子供には大人気だ。

 

中国から輸入の観光バスのラッピングも「ドラえもんとドラミちゃん」の絵が車体一面に描かれていた。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

6月
27

24日から来緬中のDACグループ石川社長ら3名は、

 

ミンガラドンのザロンテラシン僧院が運営する孤児院(孤児77名)にお米300kgを昨日寄付しました。

 

このお米で2週間分が賄えるそうです。

 

ザロンテラシン孤児院は以前から気になっていた所で前日石川社長にお米を寄付してほしいとお願いしたら、快く引き受けていただき、来緬スケジュールの最後に時間を取って頂いた。

 

僧院では授業の終わった低学年の子供達30数人が迎えてくれました。

 

5歳からの12歳くらいの子供達で、カチン州や北シャン州の紛争地帯の子供達が多いそうです。

 

DACグループは一般財団法人DAC未来サポーポート文化事業団を主宰しており、社会貢献にも熱心なグループで、

 

今後はミャンマーについても何が支援できるか検討させてくださいとの言葉を石川社長から頂き嬉しい限りでした。

 

石川様、中原様、手塚様ありがとうございました。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

僧院長と懇談

 

出迎えてくれた子供達

 

見送りをしてくれた子供達

6月
26

5500ksでOKと言う事で乗ったタクシー

 

途中で6500ksだと言う。

 

理由はトレーラーが沢山いてはしり難いので。

 

その後は一言も話さず

 

降りるとき5500ks払うと1000ks足りないと言う。

 

言葉が分から振りをして家に入りろうとしたら、何か罵声を浴びせていたがそれも無視。

 

道理が通れば千でも2千でも払うのだが、詐欺的行為には断固として拒否した。

 

秘書にその話をしたら、非常に危険な事をした1000ks程度なら払って身の安全を確保せよと言う。

 

考えれば全くその通りだ、少々お酒も入っていたのでこんな行動をとったことに反省。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
25

67日にアンダマン海で墜落したミャンマー軍用機の「ブラックボックス」が18日に回収されたという。

 

ブラックボックスとは、フライトデータレコーダー (FDR) とコックピットボイスレコーダー (CVR)で構成されたもので、航空事故の原因調査に大きな役割を持つ。

 

現在までのこところ、この墜落機に乗っていた124名のうち、92名の遺体が発見されている。残る32名に関しては、引き続き捜索活動が続けられるという。  抜粋終わり

 

 

これだけ大きな事故なのに最近は殆どニュース記事にもならない。

 

ブラックボックスが発見されたのは今後の事故原因究明に期待が持てる。

 

当初、軍の発表は天候が悪かった状況ではないとしていたが、最近は天候が原因かとの話も出ている。

 

機体の欠陥、整備ミス、操縦ミスなのか、ハッキリすべきで責任が無い天候が原因として片付けるべきではない。

 

墜落した軍用機は中国製のY8-200F。使用期間は2年未満で、800時間程度しか飛行していない。

 

Y-8は、1960年代にソ連ウクライナのアントノフ設計局(現ウクライナANTKアントーノウ)の製作したAn-12輸送機(1957

初飛行)をデッドコピーしたものであり、1981年に生産開始された。中国では軍用輸送機として使われている。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

墜落したY8-200F

6月
24

ミャンマーには僧院が運営する様々な孤児院が有る。

 

僧院運営でも政府の管轄に入り補助金を得ている僧院も有れば、

 

政府からの支援は無く全て寄付で賄っている僧院も有る。

 

乳幼児から高校、大学生まで面倒を見ている孤児院も有る。

 

また院内に学校を併設して中学校までは僧院内で教育している孤児院もあるが、

 

学校併設の僧院は政府からの補助金や海外からの支援で校舎等の建設をしている。

 

大きな名の通った僧院は政府補助や民間の寄付、海外からの支援で運営は厳しいながらも日々の食糧に困ることは無い。

 

100人程度の孤児を抱える無名の孤児院はその日の糧食に窮することもしばしばで、子供たちの生活は大変厳しい状況です。

 

着る物も寄付の古着でサイズの合わないのはご愛嬌ですが、暑いミャンマーでセーター着ている子供も見かける。

 

100人以上の子供たちに食べさせ勉強させるのは並大抵の仕事ではないと思うが、

 

僧侶は天職と思うのかこの厳しい仕事を淡々としているのには頭が下がる。

 

小生も時々ですが支援しています。また日本からのお客様にも寄付をお願いし孤児院を訪れる様にしている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

孤児院の食事風景

6月
23

ミャンマー人女性と結婚している友人が10人くらいる。

 

年齢差、子供の有無、初婚・再婚、在住地、其々違いますが、

 

聞いて見ている範囲での共通点は

 

・奥さんの監視が強く単独行動がしにくい

 

・結婚後は旦那より親・兄弟・親戚に目が行きすぎ

 

其々の夫婦にそれぞれの理由が有り一概に言えませんが、

 

ミャンマーに住んでいるご夫婦では旦那が結構苦労をしているようです。

 

まぁ、その苦労が楽しいと言う人もいるようですが。

 

奥ゆかしさや優雅を求めなければ(日本でも死語に近いですが)それなりの生活は出来るようです。

 

 

高学歴の女性はミャンマー人とは結婚する気はないが、日本人ならOKと言う人もいます。

 

独身男性諸君ミャンマー人女性にアタックしてみませんか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

6月
22

ヤンゴン市内の一般住宅地に住んでいるとゴミはいたるところにあり、

 

場所によっては悪臭を放っている。

 

「要らなくなった物(ゴミ)はその場で手から放せばよし、そこがどんな場所でもだ」

 

これが多くのミャンマー人の行動パターン。

 

 

でもそんなミャンマーでもFMI団地は結構小奇麗で、日本からのお客も「ミャンマーらしくない」と仰せの人もいる。

 

道路掃除は5~6人が毎日どこかを掃除している。

道路清掃も人力

生ごみは毎朝(365日)収集に来る。

 

側溝掃除も定期的に行い、消毒も行う。

 

街路、公園の樹木・草花の手入れも専属の作業員が毎日行っている。

手入れが行き届いた団地内の街路

 

その他街路灯の点検や道路の穴ウメなど小まめに行っている。

 

団地内の入退場は3か所あるが常に守衛が入場者をチックいている。

 

これら込み込みで管理費は4800ks/月と激安です。

 

緑がいっぱいで小奇麗で安心なこの団地、小生は気に入って6年以上住んでいる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!