Home » ミャンマー » パン作りは真夜中が最適
6月
18

パンの焼き時間は4時間、停電が頻発するヤンゴンでは

 

4時間停電無しは出来ぬ相談。

 

しかし、90%の確率で停電しない時間帯が有る。

 

0時から6時までの時間帯だ。

 

0時から2時の間に起きて、予約機能を使い出来上がりを6時にセットしておく。

 

過去1.5ケ月間で(15回)で失敗は1回だけでした。

 

ここまでしてどうして自前のパンを食べるのかと思う人が居るかもしれないが、

 

小生の身体は防腐剤に非常に敏感で、防腐剤の入ったパンを食べると発疹が出来てしまう。

 

市販のパンには少なからず防腐剤が入っており小生にとっては危険な食べ物だ。

 

防腐剤が無いの場合、雨期の時期は45日でカビが発生する。

 

パン1斤の原価は600ks程度ででき、味も多少は調整でき、たまには乾燥フルーツを入れたりして楽しんでいる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

Add reply