Home » ミャンマー » 農民に税金?? 
6月
07

農民に税金?? 

税収不足に悩むミャンマー政府、取りやすい所から徴税しようと安易に考えていないだろうか。

 

農業用地に課税をとの話、噂話にしてもこの様な事を考えること自体、農村活性化をと声高に叫んだ選挙公約を全く無視した愚かな発言。

 

2~3か月前には銀行預金の利息に課税をとの話が出て、これは良い案だと思っていたのだが、

 

多分金持ちグループからの圧力か、反対が多いとの事であつさり取り下げた。

 

新たな徴税を考えなくとも現行の法律でも徴税率を上げれば済むのではと思う。

 

税務職員と納税者の意識改革が前提になるが・・・

 

税務職員の賄賂漬けは何が何でも止めさせなければ、新税を作っても税務職員の懐が肥えるだけだ。

 

市民の意識は「税金は納めている、その金がどこに行くかは自分の知るところではない」

 

新たな事業を始めるのにも先立つものは金だ、いつまでも外国の資金に頼っているようでは政府の政策能力を疑いたくなる。

 

強いリーダーシップで徴税率の向上プログラムを作り厳格にこれを遂行すべきだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

Add reply