Archive

Archive for 7月 5th, 2017

7月
05

中国南西部・貴州省晴隆県の村で2日、石油・ガスの中国最大手である中国石油天然ガス集団(CNPC)が所有する天然ガスのパイプラインが爆発し、少なくとも8人が死亡した。パイプラインは数日続いた豪雨による地滑りで損傷を受け爆発爆発したパイプラインは全長2500キロ超に及び、ミャンマー・チュウピュウから中国南部の雲南省や貴州省、広西チワン族自治区へ年間で最大120億立方メートルの天然ガスを輸送する目的で建設。2013年後半に操業を開始した。   引用終わり

このガスパイプラインはラカイン州チャウピュウからアラカン山脈を横断し中国の雲南省に通ずる。

 

ミャンマー領土内はおよそ800kmで管敷設工事は中国企業が行ったが、工事が杜撰で山中いたるところで山肌がむき出しになっている。

 

2013年ごろ小生はアラカン山脈を横断したが、工事の杜撰さを見て驚愕した。

 

掘削し埋め戻した後を何も保護しないので雨のたび土砂が下流に流れ出す。

 

この土砂はエヤワディ河の支流に流れ出すので近い将来エヤワディ河の河床が上がり洪水が発生と思っていら、2016年にエヤワディ河下流域で大洪水が発生した。

 

今回の事故はこのパイプラインが二重に危険な事を示しているので、

 

ミャンマー政府は管路の厳しい管理をCNPCに要求すべきだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ガスパイプライン敷設工事で荒れ果てた山肌

 

アラカン山中にあるガスパイプライン中継所

,