Archive

Archive for 7月 19th, 2017

7月
19

現在ミャンマーの海外債務は日本、中国、ADBなどで合計9650億円。

 

そのうち中国が46%の4440億円、これは他国や機関より金利が高いので将来ミャンマーにはかなりの負担になりそうだ。

 

2018年度の返済額は672億円でミャンマーの財政状況からすればかなり厳しい金額。

 

現政権は今後も日本等からのローンに期待しプロジェクトを計画している様だが、これ以上債務を増やしてよいのだろうかと懸念する。

 

日本も今後5年間で8000億円の借款を約束しているが、8000億円位こだわらずプロジェクトを厳選し、何に使っているのか効果が計測できない貧困対策費や農家に貸し出す原資などの借款は止めるべきだろう。

 

電力や道路、橋、鉄道、港湾など日銭が入るインフラに限るべきで、貧困救済や地方格差是正などには借款は止めた方が良い。

 

人道上どうしても必要ならば無償援助にすればよい。

 

もし2回目の債務不励行が発生する様なことが有れば貸し出した方も責任はある。

 

中国は貸した金はしたたかに回収するが日本政府にその覚悟はあるのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,