Archive

Archive for 8月 29th, 2017

8月
29

外国人技能実習生の技術や知識の習熟度を測る「技能実習評価試験」を巡り、一部の受検料が「高すぎる」と物議を醸している。中には7万円近くかかり、日本人向けの試験と比べて4倍近い職種もある。実施機関は「受検者が少なく、経費が割高になる」というが、合格率はほぼ100%と形式的な試験が大半で、識者は「そもそも高額な受検料を払う価値があるのか」と疑問視する。  引用終わり

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00010018-nishinpc-soci

 

技能実習生制度を食い物にしている好例ではなかろうか。

 

合格率がほぼ100%にするのは訳が有る。

 

もし不合格にして帰国させれば管理団体の収入減になるからだ。

 

試験自体が形骸化して年間5万人の受験料を当てにしている団体が存在するするので簡単にやめれれないのが実情ではなかろうか。

 

受け入れ管理団体や試験機関等にかかる費用は廻り回って実習生の負担になる。

 

現状の技能実習生制度は単純労働者の受け入れになっているので、

 

思い切って技能実習生制度は廃止して単純労働の受け入れを国別に割り当て職業は自由にする。

 

その分不法滞在を厳しく取り締まり罰金も高額にする等の対策を取れば良いだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!