Home » ミャンマー » ヤンゴン~ダラーのカーフェリーに乗ってみた
9月
18

川幅600mのヤンゴン川、ダラーの対岸はスットランド通り、港からスーレーパゴダまでは歩いて行ける距離。

 

現在この川には橋が無く日本から寄贈されたフェリー3(cherryІ~Ⅲ)が乗客専用として20分間隔で運行されている。

 

因みにフェリーに乗るときに日本人と告げると料金は取らない。

 

車で対岸に行こうとすると陸路はダラー~トンテイ~ラインタヤ~ダウンタウンでおよそ70kmで2時間、

 

あるいは19便のカーフェリーを使うかのどちらかだ。

 

カーフェリーの船賃はライトバンで2500ksと決して高くはないが、ガソリン代や通行料を考えると安いかもしれない。

 

しかし、便数が少なく利便性は良いとは言えないし、時間も時刻表から3040分遅れるのは常識の範囲らしい。

 

今回利用時も40分遅れで、かつ乗船できない車は次便に回されていました。

 

またヤンゴン側の利用港はダウンタウンの端でアジアワールドのコンテナヤードの横なので乗船時間は15分くらいかかる。

 

15分の船旅だがガントリークレー群やレンガ倉庫などダウンタウン側から見れない景色を見るのも良いものだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

航路

 

カーフェリー時刻表

 

カーフェリー

 

cherry2、

Add reply