Archive

Archive for 9月 27th, 2017

9月
27

偏向報道垂れ流しの先頭に立つのが欧米のマスコミ。

 

BBC、ロイター、AFP、ニューズウイーク等々

 

これ等の報道機関はロヒンギャ問題として報道していて、あらゆる事象をミャンマーに悪意を持って論評している。

 

・衛星写真で見た結果、ロシンギャの村がミャンマー軍によって焼かれたと書かれていた。

 

  写真はその通りだろうが、放火したのが誰か確認をしていない。

 

   ARSAが放火した村も有ると聞くし実際ベンガル人が放火している写真も存在する、 ARSA 

 

  の兵士リクルートに応じない村に放火、村民をを虐殺したとの報告や写真も有る。

 

  この様な写真は逆に何時、誰が、何処で撮影したか明示が無いので捏造だと言う。

 

・ロヒンギャは18世紀からラカイン地方に住んでいる住人でその人たちに国籍を与えないミャンマーが悪い。

 

  18世紀から住んでいた多くの人たちはすでに国籍を持ちイスラム教徒としてミャンマー社会に溶け込んでいる。

 

  現在問題になっている人たちはここ2040年の間にミャンマーに不法入国した人たちが殆だ。

 

アラカンロヒンギャ救世軍(ARSA)がテロリストだと報道しない

 

 去年も、今年も国連総会の前後に ARSAがテロ行動を起こす。

 

 テロを掃討するのは世界が認めて戦闘行動のはずだ。

 

 中には掃討作戦がテロを生んでいると報じているメディアもある。

 

 

混乱の中には政府が意図しない事、指揮官が意図しない事も発生するだろう、しかしそれが全ての様な報道が多いのも悪意を感じる。

 

挙げればきりがないのだが、大々的に報じた後にあれは間違いでしたと、あるいは他所の悲惨な写真を使う等、ミャンマーが悪い事をしているのだと読者に刷り込みを図っている。

 

ベンガル人の違法移民問題は世界が圧力をかけたからと言って解決できる問題で無く、ミャンマー国民が受け入れるかどうかだろう、圧力を掛ければかえって反発するのがミャンマー人。

 

ベンガル人もミャンマー国民に受け入れてもらえるような努力も必要かと思う。

 

100万人ともいわれる難民〈ミャンマー政府にとってはお荷物)を無条件で受け入れ国民として認めよと、国際社会が無理難題をミャンマー政府に押し付けるのはなぜだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,