Home » ミャンマー » ミャンマー国軍司令官、国連を批判 「歴史配慮せず」
10月
19

ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍最高司令官は16日、国連がイスラム系少数民族ロヒンギャ迫害への非難を強めていることについて「何十年も続く、歴史的に複雑な国民感情に配慮していない」と反論した。国軍司令部が17日、訪問中のフェルトマン国連事務次長(政治局長)との会談内容としてフェイスブック上で明らかにした。 引用終わり

 

今のラカイン州西部で発生しているベンガル人問題を、先住民の権利と保護の精神にに基づいて解釈すれば

 

ミン・アウン・フライン国軍最高司令官の発言は当然であろう。

 

今の世情は貧困者(弱き者)を助ける発言をすれば、大方の人々はそれに対抗する発言は出来ない。

 

なぜなら、弱き者を虐めている者が全て悪いと思い込んでいるからだろう。

 

ここで言っておきたいことは

 

ラカイン州西部に住むベンガル人は先住民ではないと言う事だ。

 

先住民の生活を脅かす移住者が入ればそれを阻止しようとする行動も許さないのが、今の欧米とイスラム諸国の姿勢。

 

ミャンマーに騒動を起こさせようとする力が何処かで働いている気がしてならない、ラカイン州西部に住むベンガル人問題です。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ミン・アウン・フライン国軍最高司令官

3 Responses to “ミャンマー国軍司令官、国連を批判 「歴史配慮せず」”

  1. UPYISOE
    10月 21st, 2017 at 02:05 | #1

    ဘဂၤလီ とဘဂၤါလီ の違いとは何でしょう。明確に違うそうですが、わかりますでしょうか。
    英領期に入ってきたベンガル人と、最近不法入国したベンガル人を分けているのでしょうか。

    • 10月 21st, 2017 at 22:10 | #2

      ミャンマー語が文字化けして分からないですが、
      植民地時代に入った人達の多くは既に国籍を持っています。
      今、ラカイン州に住んでいる多くの人たちは戦後違法入国した人達ですので、市民として認めないと言う事ではないでしょうか。

      • UPYISOE
        10月 22nd, 2017 at 14:07 | #3

        ローマ字表記に直すならば、bingaliとbingarliでしょうかね。

        二種類あるようです。

Add reply