Home » ミャンマー » 交通事故の多いのを実感
11月
06

2日間900kmの旅行中で3件の交通事故の遭遇した。

 

其々の事故で死者はいなかったようだが、殆どの車が横転しているのはなぜだろうか。

 

t車のトラックに20人位乗っている車が路肩に横転してすぐの現場に遭遇したが、

 

荷台から放り出された人たちはすぐに立ち上がり、運転手や助手席に乗っている人を助け出していた。

 

この車は事故当時の速度が遅かったので怪我人も無しで済んだのだろう。

 

ミャンマーの運転手は狭い田舎道でも6~70kmのスピードを出して走るので、

 

いったん事故を起こすと死傷者が出る確率も高い。

 

ミャンマーの道路は速度規制標識は非常に少なく、ほとんどスピードフリーの状態だ。

 

交通安全協会幹部の話ではミャンマーの運転手はスピードメーターを見て走る人はいないので規制標識を設置してもそれを守る人はいないだろうと、何とも悲観的な話をしていた。

 

ミャンマーの交通事故の死者数は日本より多く4800人/年だが、クルマの数は1/10だなので事故の確率は非常に高い。

 

スピード違反の取り締まりが無いのも無謀運転を助長しているかもしれない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

Add reply