Home » ミャンマー » ミャンマーの職人技
12月
05

ミャンマーの職人技

引っ越しが終わり、家の中の整備を始めた。

 

温水器・浄水器の設置、電気スイッチ類の追加取付け等々水道と電気工事。

 

全て自分でも出来る仕事なのだが仕事量が多いので職人を頼んだ。

 

結果的に言うと、出来栄えは6割、後の4割は自分で再度修理。

 

これなら最初から自分でやれば良かったと思うが、屈み仕事をすると直に腰が痛くなる小生1~2か所なら我慢できるが、沢山だと・・・

 

作業中やり方が不味いので指示するがほとんどの職人は言う事を聞かないで、結果水漏れ等おこす。

 

電気の配線も通電しているかのチェツクに被覆を少し切りドライバーを差し込む、黙っていたら切った被覆の部分はそのまま、注意すると大丈夫との返事にはさすがに頭に来た。

 

まぁ~、ドライバーを持てば電気屋、金槌を持てば大工、大型スパナと接着剤を持てば水道屋ですから仕方がないのですが。

 

技術を身に付けるため職人の職業訓練校を沢山作るのに日本の援助などは有効と思うのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

Add reply