Home » ミャンマー » ヤンゴンの露店で販売されている焼き魚 は汚染されている
1月
13

医学研究部(生物毒性学)は昨年ヤンゴン地域のサンチャウン、カミンミンダイン、カマリート、ラサ、ダゴン​​、パズウンウン、北ダゴンの7つのタウンシップで行われた調査によると、

 

露店で販売されている焼き魚の27%がビブリオ(Vibrio)菌 で汚染されていた。

 

*ビブリオ(Vibrio)菌 は、下痢を引き起こすが、コレラは引き起こすことはない。

 

魚は衛生的に保管して調理人も衛生管理をして調理も確実に行うようにとKyi Kyi Nyein Win博士は述べた。

 

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)保健局の広報担当者によると、ほとんどの露店業者は衛生基準を遵守していないので保健局は基準に従うよう指示していると述べた。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

露店

Add reply