Home » ミャンマー » 有料道路(BOT)の通行料は安すぎ?
1月
31

Hlaingtharyar-Dala-Twante-Kawhmu-Kungyangon-Dedayeルートでほぼ55マイルの道路を建設する契約を結んだZaykabar社。

 

まだKawhmu-Kungyangon-Dedaye13.5マイルの建設が完了していない。

 

これを受け建設省から今年の5月までに完了しないと許可を取り下げると圧力がかかっている。

 

Zaykabar社はこれまで41.5マイルに150ks費やし、残り115マイルには40ks必要だと語っている。

 

 

ここで簡単に計算してみよう。

150億の1年間の金利は19.5ks 1日当たり534ks

普通乗用車の通行料は1マイル5ks41.5マイル×5ks=207.5ks

1日の通行料は3500台と仮定すれば、207.5×3500≒800,000ks

 

これでは利息も払えない通行料だ、

 

この通行料は10年間以上据え置きで業者は政府に値上げを訴えている。

 

しかし、いざ政府からいくら値上げしたらいいのかと聞かれても、政府を納得させるだけの資料を出せないでいる。

 

先般、BOT業者からの連絡で値上げ幅の計算を依頼されたので計算したら、今の10倍でも利益は出ない、まして交通量の少ない地域では20倍に値上げしても事業は成り立たない。

 

因みに小生が依頼された道路の希望通行料金は

 

普通車  55ks/マイル

中型車  110ks/マイル

大型車  220ks/マイル

 

日本では普通車の高速料金は24.6円/km(295ks/km)472ks/マイル

 

ミャンマーでは金利が高いので日本と比べればコスト高になる。

 

いずれにしてもBOT運営業者は今の通行料金では運営できないことは明らかです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

BOT道路の料金所

Add reply