Archive

Archive for 1月, 2018

1月
04

ビジネスマンや商工会議所は、政府にに2018年は改革をより決定的で効率的となるよう促した。

 

ジネス界は、規制改革、税金、インフラストラクチャー、土地改革の加速、新しい会社法の早急な実施など、政府の強力なリーダーシップと方向性を求めている。

 

特に電力分野でのインフラストラクチャー開発に集中する必要がある。

 

また流通も道路鉄道の不備が見られるのでこれらも集中的に改善が必要である。

 

外国企業を誘致しようとしているが国内企業を守るための規制が多すぎて外資企業はミャンマーでビジネスをする魅力を失っている。

 

2017年の経済政策は政府の失敗だと多くの企業人が声を上げている。

 

2016年には見られなかった現象で、ミャンマー企業の実態は相当悪化している様子だ。

 

NLD政権を支持していた層からの声は政権としても謙虚に受け止めなければんらないだろう。

 

政権幹部は二言目には議会の軍人枠25%が政権運営の邪魔をしていると言うが、

 

経済政策に限れば軍人議員は政府案に反対しているわけではない。

 

 

私見だが

 

政権は国内和平に向けて勢力をつぎ込んでいる様だが、経済を優先すべきで、生活が豊かになれば

「金持ち喧嘩せず」で少数民族紛争も収まる。

 

NLD政権の19か月で少数民族紛争は解決には至っていないで、

 

ロヒンギャ問題まで発生してしまった。

 

ロヒンギャ問題を現政権に解決せよと言う事は過酷で、この問題は全国民で解決して行かなければならない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

1月
03

2017年は不動産取引は精彩を欠いて終わった。

 

マンダレーでは、投資目的で取引がほとんど行われておらず、、新しい家を探しているバイヤーに不動産を売却し始めています。

 

不動産代理店U Pyuu Gyi氏は

 

地元の不動産市場への投資家の関心は、過去5年間で減少の一途です。「今年は、新しい家を探している人だけが市場出って来ると思います」と語っている。

 

またU Wanna Soe氏は

 

ミャンマーの不動産市場は、USDP政権が発動した後、投資家からの投機的需要を受け、「2011年に価格が急上昇したため、その反動で今は著しく減速した」と語った。

 

不動産市場が依然として抑制されている理由の1つは、不動産購入者に課せられた高い取得税だという人もいる。

 

2016年に導入された新たな税制の下では、3000万ksまでの居住用不動産を購入する人は、不動産価値の15%の不動産取得税税を支払う必要がある。

 

また購入者は購入資金出所を証明できなければ最大30%の税金がかかる。

 

 

現状のマヤンマー不動産価格は異常で現在調整段階だと見た方が良さそうです。

この異常価格をもたらしたのは不動産投機で実需用ではないので早晩解消するかと思っていましたが、バブルは弾けないでいる。

 

投資家は売却すれば損が確定するが多くの投資家は自己資金で購入しているので売却をしなければ損失は確定しない。

 

いずれにしても今後の不動産は実需により価格が決まってゆくと思われ、正当な価格に自然と納まるのではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

1月
02

ミャンマー政府は(全国最低賃金委員会)29日に会議を開き、全国一律の法定最低賃金を日額4,800チャット(約400円)へ引き上げることを決めた。

 

施行は新年度からになりそうだ。

 

 

引き上げ率は33%と大きな数字になって、インフレが懸念されるが、

 

一方、最低賃金ではヤンゴンでは生活できないのも現実だ。

 

 

また、あまり労働賃金を上げると周辺国との差が無くなり外資がミャンマー進出の魅力がなくなり外資導入計画に齟齬をきたすのではと心配する。

 

全国一律は物価など考慮して改めるべきではなかろうか。

 

それによりヤンゴンに集中している外資工場が賃金の安い地方に向かい、ヤンゴン一極集中も避けれれる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

1月
01

大晦日は年越しそばを食べる会を開催した。

 

今回は趣向を変え個々に時間を分けてお話したいので昼から4組6人の方と年越しそばを食べた。

 

年越しそばと昨日から仕込んだおでんでを肴に話が弾む。

 

I さんからは豪華な日本食盛り合わせセットを頂戴した。

 

 

振り返れば昨年の1年間も早かった。

 

何をしたかと思えば大したことはしていないが馬齢だけは確実に重ねられてゆく。

 

この年になると健康で自活できるだけでも幸せと思い、

 

今年も健康でミャンマー生活が出来ればと念じています。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

dav