Home » ミャンマー » カラオケで大きな収入 ヤンゴン政府
2月
10

ミャンマーではカラオケ(KTV)はあまり良いイメージではないが、

 

最近はファミリー向けのカラオケ屋もできて結構繁盛している。

 

ヤンゴンでは2000年から326軒にライセンスが与えられている。

 

ヤンゴン政府は、20174月から12月にかけて、新しいカラオケ事業にライセンスを発行し、既存店舗のライセンスを更新することにより、41.1百万ドル(45億円)の収入を得ました。

 

新規の1年ライセンス料は3000ks、更新料金は2000ksです。

 

Daw Naw Pan Thinzar Myoは、「、2017年から18年末までに5454万ドルを得ることを期待していると述べた。

 

ライセンスを持たずに営業している店があり政府はもっとライセンス手続等を徹底すれば、収入を増やすことができる、とも語っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

Add reply