Home » ミャンマー » 実はヤンゴンの工業用地は余っている
2月
28

データーは少し古いのですが2015年集計された数字によると、ヤンゴンの工業団地には2,339区画遊休地があり、その面積は4,418エーカー(1,788ヘクタール)です。

 

この中には1299の倉庫として申請された物件がリストに含まれています。

 

遊休地の面積はテラワSEZゾーンAB合わせて500ヘクタールの3.5倍。

 

テインセィン政権時代から遊休地は分譲条件違反なので没収すると政府高官は発言するが、

 

NLD政権になってからも同様の発言は有るが未だ過って実行されたことは無い。

 

遊休地は中国系ミャンマー人や少数民族リーダー等が多くが所有していると聞く。

 

分譲条件違反で没収するには相当大きな力を排除しない限り無理なのだろうか、

 

NLD政権には期待していたのだが期待外れだった。

 

現政権は外資に工業団地造成を優遇する施策で投資を呼び込んでいるが、

 

遊休地問題の解決と既存工業団地のグレードUPを優先した方が効率的だと思うのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

空き地が目立つシュピーダ工業団地

Add reply