Archive

Archive for 2月 16th, 2018

2月
16

ここ数ヶ月経済が減速している、外国直接投資(FDI)が2年連続で減少しているので、

「減速しつつある経済環境では、金利の引き下げを理解することができます」

インフレ率は現在約4.5%である。これは2016年の6.8%から2015年の10%に低下しています。

CBMは今後68カ月間の経済状況を監視し、インフレ率が現在の水準5%以下で安定している場合にのみ金利を調整することを検討する。

「昨年、インフレ率は7%で、預金金利よりわずかに1%も低い。インフレ率が上昇した場合には、預金金利を引き下げた後で再度引き上げることはできません。それは金融セクターの混乱を引き起こすでしょう。

ミャンマー経済は2018年に少なくとも6.8%成長すると見込まれているが、インフレ率も5.5%に上昇する可能性があると指摘している。

「一部の人達は、預金金利を5%に引き下げるよう求めています。それは、インフレ率が5.5%に上昇したと仮定した場合、マイナスの利子率の状況を残すでしょう。これが起これば、それは貯蓄に大きな影響を与えます。貯蓄がない場合、銀行はどのように企業に融資することができますか?

なぜミャンマーでインフレ率が高いのですか?主な理由は、CBMがインフレを押し上げる政府の借入金を調達するためにより多くの資金を投入していることである。

「我々は常に高い財政赤字を抱えており、そのためにインフレ率が高いのです。我が国には多くの資金ニーズがあるため、赤字を減らすことは非常に困難です。このように、財政赤字は近い将来も続くだろう」とソーティン氏は述べた。

この談話は最近国会議員が金利を下げろと言い始めたのに対してミャンマー経済の現実を説明している。

 

「インフレ率が5%以下で安定している場合にのみ金利を調整することを検討する」としているが、

 

これは現実問題として金利の調整は無いと言うのに等しいと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

dav