Archive

Archive for 2月 19th, 2018

2月
19

ヤンゴン中央駅周辺再開発はシンガポールのOxley Holdings、ミャンマーのMin Dhamaと中国のSino Great Wallを含むコンソーシアムがプロジェクトの優先入札者に選ばれたと鉄道省が発表した。

この入札にはYoma Strategic HoldingsFirst Myanmar Investmentを含むコンソーシアムも参加したが、シンガポールの華僑勢に負けた。

 

同社は、「住宅・商業施設に囲まれた鉄道と大量輸送を統合した新しい中央輸送ハブを含む複合的な開発プロジェクト」は約25.7ヘクタール(63.5エーカー)をカバーし、そのうち109万平方メートル床面積が開発されるとしている。

 

Sino Great Wallは北京に本拠を置く建設会社で、深川証券取引所に上場しています。Min Dhamaは、ミャンマー 中国の起業家であるU Yang Hoが所有するMottama Holdingsの子会社です。

 

 

他のニュースによるとOxley HoldingsMayangonタウンシップに敷地面積は1289ヘクタールの再開発も手がける模様。

 

このプロジェクトは完成までに約3年かかる見通しだ。完成すれば中央駅を中心としたヤンゴンのハブ的存在となることが期待されるとのこと。

 

ヤンゴンの主要プロジェクトを実質中国企業に集中してしまって、地場の企業はどの様に思っているのだろうか。

 

地場企業にも頑張ってほしいものだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

ヤンゴン中央駅