Archive

Archive for 3月 9th, 2018

3月
09

ミャンマー米協会(MRF)は2018年の籾米の最低取引価格を決めたと発表した。

 

品質基準に達した籾米の最低価格は1カゴ(21kg)5000ks。

 

ミャンマーで収穫された米価格を設定するのは、初めてのことです。

 

MRFの全精米所、米のトレーダー、代理店、民間企業は、新価格で、指定された品質基準を満たす米を購入すると協会幹部は語った。

 

コメの品質問題、地方によって取引の方法が違う、計量方法器具の統一等問題は発生すると思われるが、

 

我々は問題に応じて解決策を見つけるだろう」と精米協会のU Win Thantは語った。

 

 

1カゴ21㎏の籾米が精米になると約13.5kgとなる。

 

籾摺り、精米、輸送、倉庫、金利、経費を加えて1カゴ(精米で13,5kg)10000ksとすれば、

 

小売りへの卸は1p(2㎏)は1481ksとなり、小売価格は1700~1800ksとなる。

 

 

一方農民は

 

5エーカー(2ヘクタール)の標準農家で1エーカー当たりの収穫量は平年作で70カゴ

 

70×5×5000=1,750,000×(2毛作)=3,500,000ks

 

これから機械、燃料、肥料、農薬、人件費、種もみ費用を引けば実収入は2,000,000ksを切る。

 

因みに単位当たり収穫量は日本の半分の1反当たり4.2

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!