Archive

Archive for 3月 10th, 2018

3月
10

ミャンマー全人口の50%が何らかの恩恵を受けていると言われるエヤワディ河。

 

今この河が危険な状況になりつつある。

 

源流となる山間地の乱開発により土砂が流出して河床が上がり、河岸を侵食しその土砂がまた河床を上げる悪循環に陥ってる。

 

河岸の崩壊が進み田畑や家屋も流失その損害は計り知れない。

 

マンダレー管区では河岸浸食防止工事を今年は19箇所を民間企業と工事請負契約をして工事を進めている、この工事は3月中に完成する予定である。

 

河岸防護(水制工事)は経験工学ともいわれ河の特性に合わせ地域ごとに多様な工法が有り、木、植物、土、石などの地場の素材を用い、川の自然の力に逆らわ なように経験的に工夫されてきた。

 

エヤワディ河で経験的な工法が有るかは分からないが、支流や分流河川でも河岸浸食がすすんでいるので、

 

経済的な工法で速やかに手当てしなければならないだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

崩壊が進む河岸

 

マンダレーの護岸工事