Archive

Archive for 5月, 2018

5月
31

買い付けした物品が昨日午後届いた、一部忘れ物が有り明日届けるとの事。

 

本来は一昨日の午前中届けるとの事だったのだが・・・毎度のことで当方も余裕を持っている。

 

6月2日から1週間かけて5か所で授与式を行う予定です。

 

ミャンマーの新学期は6月1日からで、5月25日から30日まで入学申込受付。

 

ヤンゴン政府は就学年齢に達した者の100%の就学を目指しているとの事だが、

 

これはかなり難しいだろう、

 

特に地方から出てきて公共用地を不法占拠して住んでいる家族は住民台帳にも載っていない。

 

この様な子供たちは僧院学校に行くが近くに僧院学校が無い子供は未就学になる。

 

子供に教育をするかしないかは、貧富に関係なく親の考え方次第。

 

教育不足による貧困の連鎖を断ち切ってほしいものです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

大量の文具等支給品

5月
30

 

 

小生IT関係は全く無知で、IT関連業者のお世話はした事はない、

 

というより、事前に断っている。

 

IT用語もよくわからない、まして仕事の中身など全く分からない。

 

しかし今回はわからないなりに何となく引き受けてしまったが、内心少々後悔している。

 

昨晩はYさんの紹介でミャンマー人IT技術者とお会いした。

 

ここで驚いたのは開発費の違いだ、同じミャンマー企業で10倍も違うということだ。

 

日本企業ということで吹っ掛ける企業が多い、ミャンマー企業。

 

人件費が1/10なのに日本企業より高い価格を提示する。

 

正当な価格は払う必要があるが10倍も違うのは真っ当な企業ではない。

 

正直な話、どの価格が正解なのかよくわからない、困ったコンサルタントです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

5月
29

建設省のU Kyaw Lin副大臣は、ティラワ特別経済区を通過する、KyauktanDalaの町を結ぶ吊橋を建設する計画が立てられていると述べた。

 

この計画は日本のIHIがヤンゴン川をトンネルで東西の町を結ぶ独創的な計画からスタートした。

 

この橋が完成すればは今は陸路で遠回りするかフェリーを使うしかない人々や企業にとって有益となる。

 

Thilawaが発展するためにも、SEZの内外への物品の効率的な流れを可能にするより良いインフラストラクチャーとなる。

 

*吊り橋と書かれているが斜張橋だと思われる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

赤線が計画中の橋

5月
28

先週計画財務大臣が辞任した。

 

これは反腐敗委員会の手入れによるもので罪が確定する前に辞任した。

 

先月は 食品医薬品局長Than Hututが逮捕され訴えられた。

 

腐敗対策は新大統領の最も力を入れている案件とも聞く。

 

大統領就任2ヶ月で大物2人を挙げたのは大手柄だろうが、

 

この反腐敗委員会以前から設置されていたが掛け声ばかりで実際は機能していなかった。

 

この委員会現在18件の捜査をしているとの事でまだまだ管区首相や大臣の大物の検挙者が出そうだ。

 

ミャンマーはこの手事件は刑罰が緩すぎるのか、はたまた1件立件して他の犯罪は見逃すのか分からないが、

 

中国の様に死刑も有りの方が抑止力になるのではと思う。

 

政治家や高級官僚でも今の所一般人ばかりなので、元軍人や軍人も容赦なく挙げるべきだろう。

 

また、事件捜査に何人も絶対に口を挟むべきではない事も付け加えたい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
27

例年5月末になると雨が多くなるのでこの時期が雨期入りなのだろう。

 

今日のヤンゴンは曇り空で時々黒い雲が発生してにわか雨が降る。

 

気象衛星の画像を見るとベンガル湾からミャンマーまで白い雲に覆われている。

 

画像では分からないがこの雲の厚さにより雨が降るか曇り空。

 

これから約5か月間鬱陶しい季節になり、カビとの戦いも始まる。

 

ミャンマー人の多くは乾季よりも雨期の方がすごし易いと言う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

5月
26

世界銀行の発表によると、2017年度のミャンマー経済の成長率は6.4%だったが、2018年度は6.7%に上昇すると予測した。

 

一方、2017年度のインフレ率は5.5%だったが、2018年度は4.9%に減少すると予測した。

 

経済見通しはプラスだが、改革の遅れや金融部門の脆弱性、ラカインの人道危機への対応の進展が景気動向に影響を与え始めているとの懸念がある。

 

ミャンマーでの高いリスクを懸念している投資家は、すでにFDIや新規投資を延期している可能性がある、と指摘するエコノミストもいる。

 

Unique Network Marketing Co.LtdのマネージングディレクターであるU Zaw Myo Hlaing氏は、この報告書は、ビジネスを行うことがより困難になったとの大企業家や農民の意見に反すると述べた。

 

エコノミストで元大統領補佐官だったU Myint氏は、ミャンマーの指導者による経済改革、方向性、戦略の欠如がミャンマーの経済発展を阻害していると述べた。

 

 

数字だけ見ると上向きに見えるが多くのエコノミストがこの数字にも懸念を示し、暗に政府の失政を指摘している。

 

現在の経済政策は総花的で民衆受けする政策に傾いている様に見える。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

5月
25

災害管理部(DDM)によると、41日から517日の47日で18人が落雷によって死亡した。

 

日本の10年間の平均は13人/年弱から比べると、

 

国土は日本の倍、人口は1/2でこの数は異常の大きい。

 

国土面積や人口から比べても意味が無いと思うが、大きな原因は気象条件が違うと言う事なのだろうか

 

落雷の多いのは5月と9月で季節の変化する時期に大気が不安定になるのが原因だそうだ。

 

日本では電柱に落ちることが多いそうだが、ミャンマーの地方に行けば電柱が無いのも影響しているのだろうか。

 

いずれにしても、年間100人の死者と30人以上の負傷者は多過ぎ、

 

何か良い対策はないものだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
24

 

ヤンゴン地方政府は今月、ヤンゴンの不動産の公定基準価格を設定するために不動産評価を開始する。

 

ヤンゴン地区のさまざまなタウンシップ、区、街路の需要と供給に基づいて物件を評価します。

 

これは、2017年から18年の間に不動産の市場価格を設定する方法ですとUミンタウン(U Myint Thaung)地方財政大臣は述べた。

 

この発表を見ると日本で言う『取引事例比較法』による物と思われる。

 

ダウンタウンの商業地域は収益還元法でも良いと思うのだが・・・

 

取引事例比較法では悪徳不動産屋や地主が意識的に高値取引の事例を作り、

 

周辺の地価を上げて自分の土地を高値で売り抜けた事例を見ているので、

 

評価グループはこれらの行為を見抜く高度な知見が必要だろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
23

建設省(MOC)はヤンゴン環状高速道路建設の関心表明(EOI)を募集した。

 

EOI)の締め切りは6月29日まで、入札は今年度後半に行われる予定で完成は着工後3年程度を見込んでいる。

 

このプロジェクトは分割することも有るとの事。

 

JICAの試算では総事業費20億ドルほどが見込まれている。

 

このプロジェクトは4車線の高架道路でダウンタウン、ヤンゴン港、ミンガラドン工業団地、ヤンゴン~マンダレー高速道路ジャンクション等を通過する47.5kmの環状線。

 

この計画はJICAのヤンゴン都市圏都市交通マスタープランを参考にしたと思われる。

 

PPPで事業を進めるのだが、通行料は幾らにしたら採算が合うのだろうか。

 

多分1500~2000ks/台以上徴収しなければ採算は合わなと思われる、これはBOT道路の10倍の単価となる。

 

このプロジェクトはF/Sを実施ておらず、地元の都市計画専門家Kyaw Latt博士は先ずF/Sを実施するべきと述べています。

 

日本企業は応募しないだろうから、中国企業が有望か?本当は日本企業に応募してほしいと思うのだが・・・

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

ヤンゴン都市圏都市交通マスタープラン2(JICA報告)