Home » ミャンマー » エヤワディ河堤防に不法占有して住む人々 当局は対策に行き詰まる。
5月
19

マンダレー市のエヤワディ河岸には不法占拠で住み着いている人が5000人以上いる。

 

行政はあの手この手で不法占拠を防ごうとしているが一向に収まらない。

 

低廉な貸家を提供しても3万ksの家賃が払えない、あるいはまた貸しして本人は不法占拠の場所から離れない。

 

不法占拠予備軍も近郊の農民が多数いるので行政側も対策に妙案がなく、お手上げ状態だ。

 

ヤンゴンのラインタヤ地区も不法占拠者が多く数万人と言われている。

 

この解決策は農民の生活向上しか無いが、政府の農村対策は底辺農民に行き渡らずこの様な事態を引き起こしている。

 

5エーカーの米作農家は米価が安く粗収入だけでは家族が食べて行けない。

 

根本原因は生産者米価が安い事ではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

エヤワディ河岸に住み着いた不法占拠者 マンダレー

,

Add reply