Home » ミャンマー » 緊急点検で判明、危険な2つの吊り橋
5月
18

建設省は、先月エヤワディ管区Myaungmya Townshipで橋が崩壊して以来、全国の吊橋を検査しており、7月末までに安全かどうかを公表する予定。

 

ミャンマー建設省の技術、器具では外視検査しかできないため、

 

今回は22人の中国人技術者の支援を得て吊橋を検査している。

 

建設省は29の橋をすべて検査しており、中国の技術者は最悪の2つの橋を指摘している。

 

その橋は、マグウエー管区のMaezali橋とカイン州のZar Thapyin橋である。

 

この2橋を通行止めにするかはまだ決まっていない。

 

地図を添付しておきますので旅行の節はお気を付けください。

 

 

建設省は2年間で99人の職員を罰したとU Kyaw Lin副大臣が記者会見で述べた。

 

解雇:29人  停職:12人 降格:9人 戒告:49

 

公務員の不正や間違いを無くし公金を正しく使用することを第一と考えます。

 

Yangon-Mandalayハイウェイを含むNay Pyi Tawのコンクリート道路の品質には依然として欠陥がある。

省は効率を改善する方法を模索している所です、とも語った。

 

21年で壊れる橋、築10年で大型車両が通行できず、事故多発の高速道路。

 

これ等は設計ミスではなく大部分が手抜き工事と見た方が良さそうで、

 

その最たる人物が処分を受けたのだろうが、これらは省ぐるみの犯罪とみなすのが妥当だと思う。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

Maezali橋

 

Zar Thapyin橋

,

Add reply