Home » ミャンマー » ミャンマーのKyaukphyu開発 中国に不信感が 
6月
17

ラカイン州のチャウピュウ(Kyaukphyu)は中国のガス・油パイプライのの起点と、これから開発が始まるSEZがある。

 

このSEZ開発は中国70%ミャンマー30%のJVで行う予定。

 

因みに日本が主導して進めたテラワSEZはミャンマー51% 日本49%の開発会社。

 

チャウピュウは中国のBelt and Road の構想にすでに組み込まれ中国の核心的戦略地域である。

 

多くのアナリストはチャウピュウがスリランカのハンバントタ港と同じ道をたどるのではと懸念している。

 

*ハンバントタ港は中国からの資金援助を受けたが高利と計画通りの収入が得られず、99年間の租借権を与えてしまった。

 

 

あるアナリストは

 

ここからのKyaukphyuプロジェクトはどうしたらいい?

 

最も簡単な答えは、もし我々が中国の債務外交の犠牲者にならないようにしたいのであれば、そのプロジェクトを一旦止めることだ。

 

2つ目の選択肢は、ミャンマーにとって、プロジェクトを上場企業の支配下に置くこと(またはこの目的のために設立すること)である。と語っている。

 

 

NLD政権の中にはこの様な懸念は十分承知している人も多くいるとは思うが、

 

中国が北部少数民族武装勢力との平和協定に尽力すると言うエサに政権上層部が中国の要求に妥協しない事を願う。

 

 

*この文章は長い論文を要約したものです。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

建設中の石油タンク群 チャウピュウで

Add reply