Archive

Archive for 6月 23rd, 2018

6月
23

ミャンマーの海岸線は1930kmあり、南部と西部には豊かな漁場が有る。

 

ビルマ族は基本的には海の魚類は食さないので、230年前は資源とみなされていなかった、

 

そこで沿岸漁場に中国やタイの漁船が我が物顔に乱獲して資源をほとんど淘汰してしまった。

 

最近は政府も外国船の操業は禁止しているので資源は復活しつつあるのだが・・・

 

都市の住民が海魚の味を覚えて売れ良き好調で値段も高くなった。

 

すると漁民は何でもかんでも1年中漁に出て捕るので資源が減少傾向になってきた。

 

政府の水産局の指導で禁漁期間や幼魚の捕獲禁止の策を実施しているが、

 

ほとんど守られていないのが現実。

 

先日のニュースでソフトシェルクラブ生産者が休業に追い込まれていると報道されたのも、カニの取り過ぎで養殖に必要数が手に入らず価格も高騰したので事業が成り立たないとの事だ。

 

私は3年前からこの事態を予測していたが、この話をすると地元民は沢山いるから大丈夫と意にも解さなかった。

 

ハマグリも日本の業者が買い始めたら大小構わず採るので今ではアサリの大きいサイズ程度の物しか手に入らない。

 

今現金が入るのであれば3年先の事は如何でも良い、この様な考えが蔓延している様では先が思いやられる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!