Home » ミャンマー » 密輸で疲弊するミャンマー経済
7月
14

 

タイ、中国と国境線が長いミャンマー、国境貿易は昔から盛んだ。

 

正規の貿易なら良いのだが、密貿易が横行してミャンマー経済に打撃を与えている。

 

輸出ではヒスイやルビー&高級木材がタイや中国に密輸出され、チークやヒスイは原産地国で正規に買うよりタイや中国で買う方が安い事も有る。

 

輸入では雑貨・酒類・自動車・自動車部品等々が膨大な量で流入していて、正規輸入業者のビジネスを阻害している。

 

政府は密輸通報者や検挙者に高額の報奨金を出しているが、今の所成果は上がっていない様で、

 

先日ミスエイ副大統領は民間セクター開発委員会で特別捜査部隊を編成し、いくつかの取引門で機動捜査部隊で検査を行うと発言。

 

機動捜査部隊はKachinShanKayinMon州、Tanintharyi地域で早速捜査を開始し、民間部門からの支援も要請すると述べた。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

原木では輸出出来ないのだが、国境に向かう車列

Add reply