Home » ミャンマー » 新会社法が8月1日から施行されるが、思惑通り外資が入るか?
7月
03

この法案はNLD政府の主要立法上の成果の1つと見なされてDaw Aung San Suu Kyi国家顧問は、経済改革の重要な目標だったと語った

 

新法は

 

国内企業の株式を外国人35%を所有することを可能にし

 

小売および卸売業が許可される

 

輸出入のライセンスも認められる、

 

外国人投資家はヤンゴン証券取引所で取引することができ(証券取引は関連法案が出来ず早くとも半年先になるらしい)。

 

 

政府関係者はこの法案に自画自賛しているが、国内企業と外資との差別はまだまだ大きいとの外国投資家の認識。

 

・政治は経済よりも重要ですが、RakhineKachinの紛争はすでにいくつかの潜在的な外国投資を妨げていた」と経済顧問のU Zaw Phay Winは述べた。

 

・スマートグループの会長U Kyaw Kyaw Hlaing氏は、新会社法は新たな投資を誘致するとしているが、台湾出身の友人はミャンマーに希望を失ってすでに投資を引き上げたと語った。

 

・「ラカインの危機のため、私は欧米の投資は期待していない。新法では、中国だけが来るだろう」とミャンマー米穀中央委員会のソーン・トン氏はイラワディに対し語った。

 

 

上記のように懐疑的な意見も有るが実際はどうなるのだろうか?

 

法律は有っても一部団体・企業の利害関係で、通達とか運用で外資参入を阻害しないようにしなければ外国投資家からの信頼は得られないだろう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

Add reply