Archive

Archive for 7月 26th, 2018

7月
26

ミャンマー政府は723日に、201819年の政府予算案を提出した。

 

Uソー・ウィン財務大臣が提出した予算案によれば、20兆ksの収入に対して支出は249000億ksで、赤字はGDPの約5%に当たる49000億ksある。

 

過去のデータによると、NLD政権3.5年の期間で11兆ks以上赤字が積みあがっている。

 

これと比較して、USDP前政権の5年間の総赤字は74000億ksであった。

 

歳出優先度は教育、医療、社会サービスだけでなく、十分な電力とエネルギーを提供することになるとUソウ・ウィン氏は語った。

 

また、国営企業10(主に電力と国鉄)の赤字補てんが1兆ks以上ある。

 

赤字解消の為政府は電気料金の値上げを検討しているがまだ決定されていない。

 

歳入は国有企業(SOE)からの収益38%、納税から37%を期待している。

 

 

政府は財政が厳しいのであれば優先順位をもっと絞り、国民に負担してもらうところは負担してもらい、我慢してもらうところは我慢してもらう姿勢が大事かと思う。

 

国民の声を聴くと言う心地よい言葉は厳に慎み、一部の国民からは政府批判が出ても将来に向けての支出をすべきではなかろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,