Home » ミャンマー » 「ミスをしない政府はない」アウンサンスーチー国家顧問談
8月
13

アウンサンスーチー国家顧問は89日にMagway RegionPakkku Townshipでの集会で、

 

「間違いのない政府は存在しないと」言い、重要なのは、それらの間違いを訂正することです語った。

 

選挙で選ばれた政府は国民に対して責任を負わなければならい。

 

その責任とは「人々の生活をより良くするために最善を尽くす必要がある」とも彼女は語った。

 

 

「間違いを訂正すること」まぁ~確かにそうだが、朝令暮改は如何なものだろうか。

 

アウンサンスーチー国家顧問の話は誰でも反対できない理想論を述べていにすぎない。

 

政権を担当して2年以上過ぎたので、国民生活をどの様に良くしていくか具体策が必要ではなかろうか。

 

彼女から金融政策の具体策を聞いたことが無いので、経済特に金融政策には疎いのではと心配する。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

Add reply