Home » ミャンマー » 依然洪水被害は続いているが救援物資が届かない
8月
24

タニンダリー管区のタニンダリー町は危険水位を10フィートも越たところが有り、

 

避難者は川の水位が上がるので安全な場所を求め移動を余儀なくされるため、

 

町の救援物資の届かないところに住民は移動してしまう。

 

これらの人々は生活物資が不足し、特に食料品の不足は深刻になっている。

 

821日、社会福祉、救済と復興大臣、Win Myat Aye博士と地方政府タニンダリーの閣僚は、町の救援キャンプを訪問し、援助金、米の救援物資、調理用油、インスタントラーメン、スナックやクッキー等を救援物資として送った。

 

しかし、救援キャンプに来れない人たちには救援物資は届かない。

 

行政は救援物資の配布方法の再検討を迫られている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

Add reply