Archive

Archive for 8月 21st, 2018

8月
21

関西電力は豪州のアンドリッツ・ハイドロ、ミャンマーのシュエタンリンとJVで事業を行う。

 

場所はマイイットンジ川にあるミャンマー最大の水力発電所YE YEAR発電所の下流域のディードック。

 

詳細は分からないが、出力は56,000KW2022年の完成予定、電気はミャンマー発電公社に売電予定。

 

日本企業がミャンマーの水力発電事業に参画するのは初めての事である。

 

YE YEAR発電所は201111月に完成した出力79kw、ダムはRCCで作られ高さ197m、長さ690m、コンクリート量290万㎥、建設費7US$

 

日本企業は前政権時代石炭火力発電所を提案してきたがNLD政権に変わり提案は却下された。

 

二酸化炭素排出の問題や環境負荷が高いとの理由らしいが、発電コストは一番安いので途上国向けには適している、また日本の技術を使えば熱効率も良く環境にはほとんど影響を与えない。

 

電力不足に悩むミャンマーが石炭火力を否定したことは非常に残念だと今でも思っている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

YE YEAR Dam