Home » ミャンマー » ミャンマーは急激なインフレだが、便乗値上げは無いか?
9月
11

 

ks安になり輸入品の値上げは分かるのだが、国産の食料品の値上げが急激すぎる、これは便乗値上げと疑われても仕方無かろう。

 

キャベツ一つ700ksがどうして1100ksになるのだ、産地の不作からか?でもその様なニュースは聞かない。

 

キャベツ一つの運送費はせいぜい250ks、そのうち燃料代は100ksとして、燃料が50%値上がりしても50ks、諸々経費値上がり分を入れても670ksの値上げで済むはずだ。

 

因みに5年前のガソリン代は1020ksで今と変わらない。

 

最近は不景気で消費も不調で利益を取り返そうと値上げをしたのであれば、商売としては逆効果で一層販売不振い陥る。

 

便乗値上げしてインフレを助長すれば己に帰ってくることを商売人は自覚してほしい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

玉ねぎの生産地

 

Add reply